日本語教師の年収の相場

日本語教師になる上で、やはり収入面は気になる要素の1つだと思います。いくらこの仕事に就きたいと思っても、お金を稼がないと生活をすることはできないわけですから、年収の相場などはしっかりと把握しておきたいところです。

雇用形態や勤務先によって大きく異なる

まず大前提として、日本語教師の年収は雇用形態や勤務先によっても異なってきます。非常勤講師か専任講師か、日本語学校で働くのか大学の方で働くのか、それによっても収入面は大きく変わってくるのです。ただ、それらを全て考慮した上での平均年収は、非常勤講師で150万円前後、専任講師で300万円となっています。

非常勤で生計を立てるのは極めて困難

生計を立てる
日本語教師として働き始める人のほとんどは、非常勤講師からスタートすることになります。なぜなら、日本語学校の採用枠の大半は非常勤となっており、専任講師になるためには経験とスキルを身につけていかないといけないのです。
ただ、やはり非常勤だと収入はかなり低くなってしまうので、それだけで生計を立てるのは極めて困難だと言えます。担当する授業の数も限られていますから、大半の非常勤講師は別に仕事をしていたり、あるいはオンライン講師やプライベートレッスンなどを掛け持ちしているのです。

専任講師でも決して待遇がいいとは言えない

地道な努力と苦労を重ねて、ようやく専任講師になることができても、決して待遇がいいとは言えないのです。先程も言いましたが、専任でも年収の方は300万円ほどとなっていますから、一般的な会社員の平均年収よりも少ないのが現状なのです。
もちろん、大学院や民間企業で正社員として働くことができれば、それなりの収入を得ることもできるかもしれません。あるいは、海外では高待遇の求人もあったりするので、そこで採用してもらえれば収入面で困ることもないでしょう。
しかし、全体的に見れば決して恵まれているとは言えませんし、生計を立てられるようになるまでには、相当な努力と意思の強さを要することになるわけです。

それでも日本語教師として働くのは

決して年収や収入が恵まれていない日本語教師の仕事ですが、それでも働くのはやりがいであったり日本語を教えることの喜びが大きいからでしょう。今はグローバル社会ですから、多くの外国人が積極的に日本語を学んでいるのです。非常に難しい言語だと言われている日本語を教えて、それでしっかりと理解してもらうことができれば、大いに感謝されるでしょうし喜ばれるわけです。
誰にでもできる仕事ではありませんし、日本語を教えることでその人の将来に大きく貢献できるのであれば、たとえ待遇は良くなくても働き甲斐があると思えるのです。

少しでも年収を高めるために必要なことは

むろん、自分自身が不自由のない生活をしていくためには、少しでも年収を高めていく必要があります。日本語教師の仕事は、単に日本語を教える能力だけでなく、日本のマナーや文化を理解してそれを伝えることも大事となってきますし、幅広いジャンルの知識を持つことによって指導の幅が広がるわけです。
したがって、そういったスキルを1つ1つ身につけていけば、仕事の選択肢も増えて結果的に収入アップにも繋がるのです。決して簡単なことではありませんが、そうすることで日本語教師としての道は開けていくのです。

まずは年収や待遇などの下調べをしっかり行う

下調べ
いずれにしても、日本語教師の年収や待遇は十分に理解する必要があるので、まずはしっかりと下調べを行うようにしましょう。

日本語教師を目指している方に

■日本語教師養成講座 420コースや検定対策ゼミを実施中!
日本語教師とは | 東京中央日本語学院(TCJ)(https://xn--euts3n8lg6bk91h.jp.net/)